【感想・書評】IT初心者でも理解できた!「沈黙のWebマーケティング」を徹底解説

Webマーケティング

シンチャオ!こんにちは、ホーミです!

いま、IT業界で話題のブログやWEBページを開いてみたい、でも、何から勉強を始めればいいか分からない、、、と悩んでいませんか?

この記事はどんな人が読むといい?
ブログ初心者
ブログ初心者
  • オンラインビジネスのブログやWebページを始めてみたい。
  • 初心者だけど、何から勉強を始めればいいか分からない。
  • ブロガーのあいだで有名な本らしいだけど、本当に使えるの?

こんな悩みのあるあなたに、本記事はオススメです!

この記事で紹介する本「沈黙のWEBマーケティング」を読むと、

・初心者のあなたがブログやWEBページを作るための基礎

・「WEBマーケティングとは何か?」

を分かりやすく学ぶことが出来ます!

この記事では、「沈黙のWebマーケティング」を読んで、IT初心者のぼくでも学ぶことができたポイントを3つ紹介します。

この本で学べるポイント3つ☑

☑️Webマーケティングの本質は”言葉”

☑️人間心理に響く”コンテンツ”を作れ!

☑️ソーシャルメディアに露出起点を!

この本を読み終える頃には、ブログ初心者のあなたも

◯Webマーケティングの本質を勉強できた

◯早速、ブログやHPを作ってみたい

と思えるようになる手助け・後押しになりますよ!

自己紹介: ホーミ
Twitter: @homie_n0918
アパレル業界勤務。2019年よりベトナムへ駐在。20204月に、海外生活シェアのため、ブログを開設。
IT分野も興味を持ち、ノウハウや本質を学ばずにはじめたが、PVは伸びず、お世辞にもブログと呼べるほどのものを執筆できず挫折。文章構成はバラバラ、頭の中で浮かんだことを文章化、言いたいことだけを書いていた・・・etc
👉PV不振の理由は、中途半端にネットで見つけた知識のみで、勉強せずに惰性でブログを書いていたことが原因でした。
しかし、この本を読んで、Webマーケティングの本質を理解・コンテンツを作り上げることの大切さを学びました。
そして、ブログの構成や本文が格段に上達したと読んでくれている人からは、言ってもらうこともあります!目に見える結果を出すまで、継続していきたいとポジティブになったので、他にもブログやWebページ初心者方への勇気を与えられればいいな、と思い記事にしました。

◯「沈黙のWEBマーケティング」とは??

  • 書名: 沈黙のWebマーケティング
  • 著者: 松尾茂起(京都のWebチーム「ウェブライダー」の代表
  • 2015年初版。2020年に重版。
  • 単行本496ページ
  • 定価: 本体2,200円+税
  • 出版社:エムディエヌコーポレーション
  • 初心者~中級者だけでなく、有名ブロガーからも人気のWebマーケティング本。

Webマーケティングの基礎を、読みやすいマンガ調のストーリーで

意味が難しくて、初心者にはハードルの高いIT用語も、分かりやすく解説してくれているので、

スラスラと読みやすいWebマーケ攻略本になっています!

出展:レンタルサーバーCPI
ストーリー: 世界最高のWebマーケターであるボーン・片桐は、パートナーのヴェロニカと日本のある場所へ降り立つ。そこは、「マツオカ」というオーダーメイド家具会社であった。
Webページの順位が急激に下落したのだ。
「マツオカ」の社長の一人娘であるめぐみは、Webマーケター・ボーンへ『SEOペナルティの解除』を依頼するのだが、、、。

しかし、背後には、ボーンのかつての宿敵『ガイルマーケティング社』の影が。

◯『沈黙のWebマーケティング』の概要・書評

「沈黙のWebマーケティング」で学べるポイント3つ

☑️Webマーケティングの本質は”言葉”

・コンテンツファーストで考える

Webページをデザインするにあたり、一番重要なことは、コンテンツをいかに見やすく・分かりやすく届けることが出来るか、です。

どれだけデザインが素敵なサイトも、商品やサービスのストーリーが伝わらないと、お客さんに売るための力は弱くなります。

では、そもそもお客さんは、何故Webページを訪れると思いますか?

それは「外側」のデザインを見たいのではなく、コンテンツの「中身」を見たいからです。

ホーミ
ホーミ

“美人は3日で飽きる”という言葉があるように、サイトの外見ばかりをこだわっても伝わりません。大事なのは、”コンテンツ(中身)”ですよ!

コンテンツは、通常「言葉」と「画像」で構成されます。コンテンツを作る際には、基本的に文章ファーストで考えていくのがベターです。しかし、言葉だけ並んでいても、分かりづらいですよね。

そんな補助的役割として、画像が必要になってくるのです。

コンテンツの本質は、あくまでも”言葉”です。

☑️人間心理に響く”コンテンツ”を作れ!

SEOにおいて重要な部分として、外部リンクがあります。ただし、自然と集めなければいけません。

そこで必要となるのが、リンクを貼られるきっかけとなる”コンテンツ”です。
他のユーザーの心にも響き、「紹介したい!」と思ってもらえれば、ブログやTwitterでシェアされ、拡散されやすいのです。

では、シェアしたい人はどんな心理なのか?

・マズローの欲求5段階説を意識する

  1. 生理的欲求
  2. 安全の欲求
  3. 所属と愛の欲求
  4. 承認欲求◉
  5. 自己実現の欲求

コンテンツをシェアしたいという人は、「誰かに自分のことを見てほしい」という4. 承認欲求◉が一番強いです!

そして、何かのページをシェアしたいという人は、コンテンツを見たいという欲求があります。

商品を売るための「セリング」と楽しんでもらうための「コンテンツ」の2つをサイトに用意するといいでしょう。

☑️ソーシャルメディアに露出起点を!

・「露出起点をつくる」

どんなに優れたコンテンツでも、露出しなければ見てもらえません。

露出起点として、有用なものが「Twitter」です。

多くのユーザーは、「セリング」には興味がありません。そのため、Twitterアカウントは、あなたのサイトの「コンテンツ」を露出させるための起点となります。

Twitterでは、コンテンツの拡散を一方的に重ねることが重要ではありません。

フォロワーとのコミュニケーションも重ねていくことが、自身のコンテンツを見てもらえるきっかけになっていくでしょう。

・相手の聞き役に回ることで、「返報性の原理」を働かせる。

ブロガーAさん(28)
ブロガーAさん(28)

新しいブログ記事を公開したからTwitterで宣伝しよう

Bさん(25)
Bさん(25)

Aさんの記事、読みました!今回もたくさん勉強になりました!

ブロガーAさん(28)
ブロガーAさん(28)

(あのひと、いつも僕の記事をシェアしてくれるてるなあ。僕もあの人のブログを読んでみよう。あっ、面白い!シェアしてみよう!)

Bさん(25)
Bさん(25)

あっわたしの記事をシェアしてくれたんですね!ありがとうございます!(Twitterもフォローしてみようかな)

◯「沈黙のWebマーケティング」書評まとめ

いかがでしたでしょうか?

この記事では、「沈黙のWebマーケティング」の概要・書評について解説しました!

最後に内容をもう一度おさらいしましょう!

「沈黙のWebマーケティング」を読んで、学べる3ポイント

☑️Webマーケティングの本質は”言葉”

☑️人間心理に響く”コンテンツ”を作れ!

☑️ソーシャルメディアに露出起点を!

あなたがこの3つをWebマーケティングの本質として、理解することができれば、間違いなく、心に響くコンテンツを作ることが出来るでしょう。

ぼくも一度読んだだけでは、完ぺきに習得することが出来ません。。。

何度も何度も、本を読んで、自分のモノにする必要があます。

・Web初心者だけど、試しに読んでみようかな?

・もっと詳しくWebマーケティングの勉強してみたいな?

そんなあなたは、下記リンクから本の詳細を見ていってみてくださいね!

ぼくも半信半疑で、買ってみましたが、読んだ後は、ぜひ、シェアしたくてこの記事を書きました!

一人でも多くの方に、役立つことを願っています。

**Web版の「沈黙のWebマーケティング」はこちらから読めます。👇👇

沈黙のWebマーケティング ―Webマーケッターボーンの逆襲―
数々のサイトの集客を救ってきたWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するハードボイルド系漫画ノベル。Webマーケティングの本質がここにある。

○○ホーミのTwitterはこちらから☟☟

⭐︎⭐︎人気投稿はこちらから👇👇

【要注意!】ベトナム人悪女の性格・特徴をタイプ別に語ってみた
【保存版】経験者によるベトナム人女性にモテる方法6選
【初心者必見】家でも簡単にできる筋トレ道具「三種の神器」
【若者に人気!】ホーチミンのおすすめ最先端セレクトショップがスゴイ
【ワークマンで話題沸騰】21春夏・2,900円高撥水ステンカラーコートのコスパが最強

コメント

タイトルとURLをコピーしました